消費税率が引き上げ!軽減税率の対象を復習して節約しよう!

節税・税金

消費税が8%➡10%へ値上げするまであと少しですね…!
たった2%、されど2%。しっかり把握して節約していきたいですよね。

軽減税率、いつから始まるの?どういう仕組みになるの?

まず押さえておきたいのは始まる日や仕組みについてですよね。
ポイントを押さえて先に進めてみましょう!

軽減税率スタートの日は?
2019年(令和元年)10月1日から
どう変わるの?
標準税率が10%。軽減税率は8%。消費税の種類が2種類に。

今(2019年8月現在)8%に統一されている消費税の税率ですが、2019年(令和元年)10月1日からは10%の税率がかかるものと、8%の税率がかかるものとの2種類になるということですね。

低い方の税率8%が「軽減税率」と定義されました。

税率が一律ではなく2種類に分かれたということ。これは日本の消費税の歴史上初となりますね。

Love&(ラブアン)

軽減税率対象範囲のおさらい

軽減税率ってニュースでも聞くけど、生活必需品は全部10%じゃなくて8%なのかな?なんて曖昧に覚えていませんか?

簡単に種類分けすると以下の2つのみ!

・飲食料品
・新聞

えっ、これだけ!?なんて驚いた方も多いのではないでしょうか。よくニュース等で聞いた「生活必需品」が軽減税率の対象ではなく、飲食料品と新聞のみなんです。

新聞はそのままですが、複雑なのが「飲食料品」の分類。
ここにも対象になるもの、ならないものがあります。

詳しく見ていきましょう!

飲食料品の細かな範囲をおさらい!

ここでいう飲食料品とは、「食品表示法で定められている食品」のこと。
肉、魚、野菜、果物、お菓子などなど沢山の数があります。

ですが、「飲食料品」と定義すると日頃食べているもの、飲んでいるものすべてのような感じがしますが、実はそうではないのです。

つまり…
食品表示法に規定される飲食料品で、人が口にするものは軽減税率の対象です!

食品と食品でないものって?

食料品や飲み物は原則として8%になりますが、これは基本的に「食品表示法」という法律で決められた食品が該当する、ということです。
ここでいう飲食料品とは、「食品表示法で定められている食品」のこと。
肉、魚、野菜、果物、お菓子などなど沢山の数があります。

ですが、「飲食料品」と定義すると日頃食べているもの、飲んでいるものすべてのような感じがしますが、実はそうではないのです。

食品表示法に規定される飲食料品で、人が口にするものは軽減税率の対象です!
ワールドキャスト/スマホ訴求

例えばどんな食品が軽減税率対象外?

リストにまとめてみましたのでざっと確認してみて下さい。
これで見るだけでも複雑ですよね…

8%(軽減税率) 10%(標準税率)
精米、野菜、精肉、鮮魚、乳製品、パン類、菓子類など
食用の氷
ミネラルウォーター
ノンアルコールビール
甘酒、みりん風調味料(アルコール成分1%未満)
家畜用動物、観賞用の魚
保冷用の氷、ドライアイス
水道水
酒類(ビール、ワイン、日本酒、みりん、調理酒など)
テイクアウト、出前
学校給食、有料老人ホームなどでの食事
ホテルや旅館の客室冷蔵庫内の飲料
果物狩りで収穫した果物の購入
レストランでの食事、出張料理、屋台の食事
社員食堂、学生食堂の食事
ホテルのルームサービス
果物狩りで収穫した果物を、果樹園内で飲食する場合
①ファーストフードなどはイートインとテイクアウトで税率が変わる

ファーストフード店は、店の中で食べる(イートイン)ことも、商品を買って帰る(テイクアウト)こともできますよね。


外食は10%となっていますが、「外食」の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」のこと。そのため、イートインの場合は外食として扱われるので消費税率は10%ですが、テイクアウトの場合は飲食料品を買ったことになり8%で済みます。

第二新卒エージェントneo

②宅配ピザやそばの出前などは外食に該当しない

上記のイートインサービスと違う「出前」は、軽減税率が適用され消費税率は8%据え置きです。

③ペットフードは10%になる

食料品かどうかは「人が食べるものかどうか」で判断されます。ですのでペットフードは10%ということですね!

④生きた牛豚鶏は10%・生きた魚は8%に

軽減税率は「その販売の時点で」食べられるものかどうかで判断することになっており、魚は家庭でさばけばそのまま食べられるから、ということのようです。牛肉や豚肉などの、一般家庭で買われる、調理をすれば食べられるお肉は8%です。

⑤りんご狩り園で食べるりんごと、持ち帰るりんごでは税率が違うの?

こういった果樹園の税率は非常に複雑です。
例えばある果樹園でりんご狩りをするとき、果樹園への入園料の消費税率は10%です。
この果樹園の料金設定が「園内で収穫してその場で食べるりんごは無料(入園料に含まれている)」となっている場合はりんごは食料品ですが、果樹園への入園料にかかる10%の消費税を支払うことになります。

「園内で食べるりんごは有料」となっている場合は、園内でりんごを食べることは「外食」と見做す場合もあり、りんごにかかる消費税率は10%となります。
しかし「果樹園内で収穫したりんごの持ち帰り料金が入園料と別料金」というときは、軽減税率の対象となる食品を買うことに該当する為、消費税率は8%となります。
う~ん、難しいですね!

軽減税率の対象外となる酒類


お酒は食品でもありますが、軽減税率の対象外となります。よくテレビのニュース等でもやっていますが「嗜好品」は対象外ということですね。

酒税法において「酒類」と定義されるのは、アルコール1度以上の飲料のこと。つまり、みりんや調理酒は対象となります。
ここでややこしくなるのが、みりん風調味料は酒類ではないので対象外!
また、ノンアルコールビールも酒類ではありませんので、軽減税率の対象となります。

同じ嗜好品でも、定義によって様々で区別がつきにくいです。

 

新聞はどんな新聞でも軽減税率対象なの?

どんな新聞でも対象というわけではありません!
同じ新聞であっても週2回以上を配達してもらう定期購読が対象となるので、新聞店やコンビニで買った場合は標準税率が課せられるということになります。

新聞は、税の比較的高いヨーロッパではベルギー、デンマーク、イギリス、ノルウェイなど4か国が新聞を軽減税率の対象として定めています。
理由は「新聞は思索の食料や栄養源」だからということ。
そしてそんな思索の食べものを得るために負担を軽減していく役割を果たすのが軽減税率だそうです!
書籍や本も対象になるといいですね。

医薬品はどうなるの?トクホ飲料は対象?

医薬品等は消費税の軽減税率の対象には含まれていないので、対象外となります。
ですが、飲食料品なのか医薬品等なのか判断が難しいものもあります。

その1.栄養ドリンク

消費税の軽減税率の対象には含まれない医薬品等とは、医薬品、医薬部外品、再生医療等製品のこと。
そのため医薬品、医薬部外品に該当する栄養ドリンクは消費税の軽減税率は適用されません!

通常、栄養ドリンクは医薬品や医薬部外品に該当しますが、最近では医薬品や医薬部外品ではない清涼飲料水で、栄養ドリンクとうたっているものもあります。
これは普通の飲食料品のため、消費税の軽減税率が適用されます。医薬品や医薬部外品といった表示は商品のラベル等に記載があり、確認することができます。

その2.健康食品・美容食品


これらは医薬品等ではなく飲食料品に該当するため、消費税の軽減税率が適用されます。
健康食品や美容食品でも医薬部外品のように医薬品等である場合は、消費税の軽減税率は適用されないため注意が必要です。こちらも商品のラベル等で確認しましょう!

軽減税率まとめ

いかがでしたか?あまりに複雑…と思っていた方も、意外とスッキリされたのではないでしょうか?
消費税アップまでもう秒読み。足りないもの、買っておきたいものなどは今のうちに買いだめしておくのもオススメ。
高価なもの、高額な車、家、挙式なども駆け込みが増えているといいます。

また、キャッシュレス化の進む日本ですが、キャッシュレスにすることで税金が上がってもオトクに買い物ができる仕組みがたくさんあります。

キャッシュレス化についても勉強していきたいですね!

キャッシュレス化が進むけど、どれがお得?〇〇PAYの仕組みを知ろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました