エンジェリウムウォレットの登録方法!配当や紹介報酬もチェックしよう

その他

最近流行りの、独自仮想通貨配当型ウォレット。今度はより期待できる、新しく配当型ウォレット案件が出てきました。

「エンジェリウムウォレット(ANGELIUM WALLET)」と言います。

配当がどのくらいあるのか?
いくらから投資可能なのか?
紹介報酬はどのくらいあるのか? など気になる点から登録方法までをまとめました!

そもそもエンジェリウムって何?

エンジェリウムは仮想通貨のプロジェクトの一つです。

現在仮想通貨は世界中で数千あると言われていますが、エンジェリウムもその内の一つ。

仮想通貨にはそれぞれプロジェクトのビジョンだったり目的がありますが、エンジェリウムは「アダルト系のプラットフォームを構築すること」を目的としています。

このプラットフォームには様々な機能があります。もともとICOが行われた際に搭載されるとしていた機能としては…

①海賊版・違法アップロードを防止するシステム
②VRなどの映像によるプラットフォーム

とされていました。

ICOプレセールがあり、上場も期待されていましたがせずに、2019年6月、ウォレットサービスを開始するというアナウンスがスタート!
6月末よりサービスが開始されました。

エンジェリウム運営の意向は、ICOでセールされた「ANL」の上場を急ぐよりも、各コンテンツのローンチや、プラットフォームの構築に力を注ぐことと、またマーケティングを仕掛けていくことを重要視したと言われています。
そのマーケティングの策の一環としてエンジェリウムウォレットが出てきたというわけですね。

エンジェリウムの名前を広めることが目的で、10万人の利用を目指しています。

エンジェリウムウォレットってどんなもの?

2019年6月末にエンジェリウムがローンチしたウォレットは「天使のウォレット」という何とも可愛らしい?名称になっています。
エンジェリウムユーザーを拡大させる計画上では、第1フェーズといわれています。

エンジェリウムのウォレットでは300ドル以上の暗号通貨を預け、運用する(ヘブンする)ことで利益を得ることが出来ることが特徴。

配当は何のトークンで来るの?というと配当は「ANX」という独自トークンになります。
2018年にICOで購入することが出来たのは「ANL」というトークンであり、また別のトークンということになりますね!

エンジェリウムウォレットのヘブン(Heaven)て何?

エンジェリウムウォレットでは運用することを「ヘブンする」と言います。
ヘブンにはロック期間があり、元本がいつでも出金できるわけではありません。
ロック期間は、30日、60日、90日とありますが、ロックできる期間が長いほど配当の割合も増えるという算段になっています。

HEAVEN 30
30日ロック 月利4.50% 日利 0.15%

HEAVEN 60
60日ロック 月利 6.00% 日利 0.20%

HEAVEN 90
90日ロック 月利 9.00% 日利 0.30%

例えば…
1000ドルで運用した場合(BTCやETHの価格差異によって、多少の前後はあると考えて下さい)

✅30日ロックの場合:1ヵ月で45ドル分の配当
✅60日ロックの場合:1ヵ月で60ドル分の配当
✅90日ロックの場合:1ヵ月で90ドル分の配当

ということになります。
どうせ運用するなら、HEAVEN 90にして多くの月利を貰いたいですね!

90日=約3ヵ月ですがその間に運用していた1000ドル➡1270ドルにまでなるということです。

エンジェリウムウォレットで貰った配当(ANX)は出金できるの?

結論から言うと、出来ます。

する為にはKYC(本人確認義務)をする必要があるのですが、貰った配当はBTCに変換しご自分の暗号通貨口座へ出金することが可能です。

👉詳しくはエンジェリウムウォレットKYC・出金の方法や制限をチェック

ANX…すぐ換金するのと、ホールドするのどっちがいい?

ですが、一番美味しいのはこのあと。
例えば1000ドル投資して、90日HEAVENして、増えた270ドル分のANX…
今は1ANXが0.01ドルの価値ですが…

👉詳しくはエンジェリウムウォレットANXの価格を見る方法をチェック

これが今後、1ANXが 0.1ドルになったらどうでしょうか?

現在270ドル×10倍=2700ドル!(約30万)

さらに、1ANXが 1ドルになったら…⁉ なんと27000ドル(約300万)ですね!

ANXをホールドしておくと楽しみもありますね。
ですが、あくまで投資は余剰資金ですること、また元本回収は必須です。
この後も配当は続いていくので、複利運用をすること、またホールドするのは元本回収後でも遅くありません。

・投資は余剰資金でしよう!
・元本回収をまずしていこう!

エンジェリウムウォレット登録方法

こんなにうま味たっぷりのエンジェリウムウォレット。
登録方法を見ていきましょう!

まずはこちらのページへアクセス


①日本の国旗 +81になっていることを確認
②電話番号を入力(最初の0を除いて、90~や80~と入力)
例)9011112222
③「SEND SMS」を押す
④SMSに認証コードが届く
⑤”Verification code”の欄に、送られてきたコードを入力
⑥設定したいユーザー名をローマ字で入力
⑦名前をローマ字で入力

⑧メールアドレスを入力(gmil推奨)
⑨設定したいパスワードを入力
⑩⑨と同じパスワードをもう一度入力
⑪チェックを入れる(□Agree to~の部分)
⑫PLEASE VERIFY CAPICHAを右へスライドする
⑬「REGISTER」を押す

これで登録は完了です!

エンジェリウムウォレット 入金➡運用(HEAVENヘブン)の仕方

では次に運用方法を見ていきましょう!まずは入金をしていきます。

エンジェリウムウォレットへの入金方法

エンジェリウムで投資するには資金を入れる必要がありますので、「ウォレットへ送金」していきます。

①ログイン画面の「TRANSFER(トランスファー)」をクリックしてください。

 

② 「RECEIVE(入金)」をクリックしてください。

③「SELECT(選択)」をクリックしてください。

④入金したい仮想通貨を選択します

⑤アドレスが表示されます

⑥お持ちの暗号通貨口座から、上記のアドレスへ送金します

エンジェリウムウォレット運用方法

入金が完了しましたらいよいよ運用(ヘブン)可能です!

① メニューの 「Heaven(ヘブン)」に移動します

② ヘブンのプランを選択

③ 使用する仮想通貨を選択します

④ 「RUN(実行)」をクリック
「TOTAL HEAVEN(トータルヘブン)」の所にいくらヘブンしているかを表示されます。

また下にある「HEAVEN HISTORY(ヘブンヒストリー)」でもヘブンしや履歴として追加されているのを確認しましょう。

エンジェリウムウォレット運用時の注意点

資金を$300を下回ると運用がストップしてしまうので、余裕を持って資金を入れておくのがベスト。
もし$300を下回ってしまうと、運用もされてない&資金がロックされているという状態になり、配当が来ないので避けたいですね!

【その為の対策がこちら】
①資金を多めに入れて300ドルを割らないようにする
②USDT(テザー)で運用して、価値が変わらないようにする

エンジェリウムウォレット(ANGELIUM WALLET)の紹介報酬は?

エンジェリウムウォレット(ANGELIUM WALLET)を紹介すると紹介報酬をもらうことができます。エンジェリウムウォレットの紹介報酬システムはこちらをご覧下さい。

紹介報酬1

1段目(直紹介)

  • 直紹介者1人目はその紹介者が受ける配当の50%
  • 直紹介者2人目はその紹介者が受ける配当の80%
  • 直紹介者3人目以降はその紹介者が受ける配当の100%

2段目~10段目

  • その紹介者の利回り報酬の10%

11段目~15段目

  • その紹介者の利回り報酬の5%

紹介報酬2(タイトルコミッション)

自分が紹介した人から派生したトータルの運用金額が100,000ドルを超えるとタイトルコミッションが発生します。

タイトルコミッションは、紹介報酬の1段目~15段目の報酬の増加と16段目以降の報酬を受け取ることができます。

100,000~199,999ドル

1段目~15段目:紹介報酬が1%増
16段目以降:紹介した人の利回り報酬の1%

200,000~499,999ドル

1段目~15段目:紹介報酬が2%増
16段目以降:紹介した人の利回り報酬の2%

500,000ドル~

1段目~15段目:紹介報酬が3%増
16段目以降:紹介した人の利回り報酬の3%

3人目以降の紹介報酬は100%!少なくとも3人の紹介を出して沢山の報酬を得たいですね。

エンジェリウムウォレットまとめ

利回りの良い仮想通貨案件のエンジェリウムウォレット。
色々な配当型ウォレットがなくなったり、飛んだり、、と不安な声もあるかもしれませんが、ホリエモンの仮想通貨祭りでも取り上げられた「エンジェリウムウォレット」は運営も不透明ではありませんし、アービトラージなどではなく広告費で運用していると言われています。

高騰した場合の売りに注意ではありますが、上場までまだまだ期間がありそうですので、ANXが安いこの時期の参入がおすすめです!

登録はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました